蝋燭を超える燭台プレイ

蝋燭を超える燭台プレイ

後ろ手に縛って、更に両足を絶対に閉じれないように縛り上げました。

目隠しを施し、口枷だと言葉を発する事が出来るのでビニールテープでグルグル巻きにして何も言えないようにしました。
もちろんアソコはプレイ前に剃毛してツルツルの無毛。

無毛の割れ目に、何度も鞭を振り下ろします。

タコ糸を蝋燭の芯替わりにして、蝋燭を作成。
乳首にタコ糸を括りつけ、蝋を大量に垂らします。
そして形を整えると、乳首蝋燭の完成。

股間は、左右のビラに洗濯ばさみを噛ませて左右に大きく広げます。
クリが剥き出しになる様に、包皮にも洗濯ばさみを噛ませます。
洗濯ばさみにより剥かれたままのクリをタコ糸で括ります。
敏感な部分が剥き出しになったところへ、蝋を垂らします。
もちろん、剥き出しにされて赤く充血したクリを中心に垂らします。
そして形を整えると、クリ蝋燭の完成。

3つの蝋燭が出来た所で、由衣を人間燭台として使う事にします。
最初に乳首蝋燭へ火を灯します。
続いてクリ蝋燭にも。。。

熱くて泣いても許さずに何度も何度も火を灯します。
オレンジ色の炎が乳首とクリに灯っている色彩は、何とも言えない素晴らしさです。

やがて、蝋で敏感になったクリの包皮を剥いて、SM用の強力クリップで挟みます。
そして、乳首にも噛ませます。
そのクリップが外れるまで、何度も鞭を振り下ろします。

泣くまで行います。

最後は、SM用クリップで剥かれたクリを噛み、その片方のチェーンを引っ張ります。
「パチン」と音がして取れるまで。

パイパン奴隷由衣のSM調教動画|洗濯ばさみで乳首とビラとクリトリスを挟む
パイパン奴隷由衣のSM調教動画|洗濯ばさみで乳首とビラとクリトリスを挟む
パイパン奴隷由衣のSM調教動画|乳首とクリトリスに芯を付けて蝋燭を垂らし火をともし燭台にする
パイパン奴隷由衣のSM調教動画|乳首とクリトリスに芯を付けて蝋燭を垂らし火をともし燭台にする
はじめマスターの外部サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました